『キャッツアイ タロット』+『初めてでもよく分かるタロット&占星術入門』

新品

¥4,792(税込)

残り在庫2個

返品について
商品コード: 01-37-026as 商品カテゴリー: ,
Share on Facebook Tweet about this on Twitter

商品説明

■『キャッツアイ タロット』[CAT’S EYE TAROT](USGames/アメリカ)

獣医師である、Debra M Givin(デブラM.ギビン)によって制作された猫が主役のタロットカード。
“キャッツ・アイ”=「猫の視点」をテーマに、様々な種類の猫たちが水彩画調のイラストで描かれています。

裏柄には猫の顔部分がアップで描かれ、インパクト大のデザイン。
質問者に何か重要なメッセージを訴えかけるように、まっすぐにこちらを見つめる緑色の大きな瞳が印象的です。

大アルカナは8番が「Strength(力)」、11番が「Justice(正義)」となるライダー(ウェイト・スミス)版に準じた構成。

小アルカナは“Wands(棍棒)”、“Cups(聖杯)”、“Swords(剣)”、“Pentacles(金貨)”の4つのスート。
コートカードは“King(キング)”、“Queen(クイーン)”、“Knight(ナイト)”、“Page(ペイジ)”の組み合わせ。


○仕様

・カード枚数:78枚
・カードサイズ:W63×H108 [mm]
・パッケージ:W65×H108×D30 [mm]


※日本語解説書は付属しておりません。

 

 

■『初めてでもよく分かるタロット&占星術入門』

占い用のカードとして最もスタンダードなタロットカード。

ゲーム用のカードを編集・再構築して占いに使われるようになった

18世紀から300年もの時が流れても、廃れることなく世界中で愛用されているツールです。

一方、その起源を遡ると古代バビロニアまでたどり着くと言われる占星術は、

当初は川の洪水の時期を予測したり、戦争をしかけて良い時期かどうかを判断する、

など国家レベルの問題を占うために活用されていました。

やがて、星座や惑星についての研究が進むと共に、占星術は発展を遂げ、

個人を対象とした未来予測やアドバイス、

自己探求の方法として活用されるようになっていきます。

このように、長きにわたって多くの人に愛されてきた

占術であるタロットカードと占星術の間には、実は密接な関わりがあります。

19世紀のヨーロッパの魔術団体「黄金の暁会(ゴールデンドーン)」が、

タロットと占星術の関係を明確に体系づけ、

大アルカナそれぞれに星座、または惑星を、

さらに小アルカナには星座と惑星を2つ1セットで対応させたのです。

この関連性を知ることで、カードの持つ意味を対応する星座や惑星が補足したり、

物事が発生する時期を示唆したりと、

今までよりも深い解釈ができるようになることは言うまでもありません。

タロット占いをステップアップさせたい、人とは違う占い方をしてみたい、

そんな願いを叶えるために、タロット&占星術の融合した世界に足を踏み入れてみませんか?

 

著者プロフィール

山吹海帆

東京生まれ。

幼い時は健康上の理由で自宅で過ごすことが多く、その時に多くの書物に出会い、西洋オカルトと自然科学に興味を持つ。

中学生の時にタロットカードを見て興味を持ち、占いを始める。

その後、魔術やカバラなど、タロットカードを構成するさまざまなカルチャーを学び、数秘術、占星術を習得。

大学卒業後システムエンジニアとして働きながら占い師になり、

退職後、本格的に活動開始。

占いの技術だけでなく、占いの発生した文化的な背景を含めて研究し、

複数の占術を関連づけて総合的に結果を導くようにしている。

また、西洋オカルトの勉強の中で知った魔女に興味を持ち、

現在はヘイズ中村に師事しながら、現代を生きる魔女としてのライフスタイルを追求している。

また、長年のキャリアを活かして、

各種占い講座の開催、多くの占いコンテンツの監修にたずさわっている。

「占い師山吹海帆の掲示板」

https://mihoyamabuki.hatenablog.com/

 

 

商品説明

パッケージサイズ H108 × W65 × D30[mm]
カードサイズ H108 × W63[mm]
カード分類 セット
状態 新品
カード枚数 78枚