『ゴールデン・ウィルト・タロット』+『初めてでもよく分かるタロット&色彩学入門』

新品

¥4,975(税込)

残り在庫2個

返品について
Share on Facebook Tweet about this on Twitter

商品説明

■『ゴールデン ウィルト タロット』[GOLDEN WIRTH TAROT](Lo Scarabeo/イタリア)

1860年に生まれたスイスのオカルティストでありカバラ学者のオズワルド・ウィルトが制作したタロットカード。

マルセイユ版を下敷きにし、独自の象徴を加えてデザインされたこのカードは、
1889年の初版発表から現代に至るまで、多くのタロティストに愛されてきました。

魔術復興の象徴的存在となったエリファス・レヴィの説にならい、
22枚の大アルカナとヘブライ文字を対応させ、カード右下にそれぞれの文字が描かれています。
13番の「死」のカードは、カード名称とこのヘブライ文字は、イラストの中にとけ込むように描かれ、
他のカードとは異なるかたちで表記されています。

オカルト系タロットの決定版とも言えるこのタロット、
タロット占い上級者なら是非持っておきたい一品です。

22枚の大アルカナにはカードの通し番号、フランス語によるカード名称、ヘブライ文字が書かれています。
ただし「Le fou(愚者)」には番号が書かれていません。

カードの絵の背景はメタリックなゴールドカラー。
カードの裏面は正・逆の区別がつかないタイプで、
2枚の二匹の蛇が作る輪がクロスしているスタイリッシュなデザインです。


○仕様

・カード枚数:22枚
・カードサイズ:W80×H145 [mm]
・パッケージ:W110×H155×D20 [mm]

※日本語解説書は付属しておりません。

 

『初めてでもよく分かるタロット&色彩学入門』

タロットの色彩に着目した、色彩リーディングの解説冊子

ポピュラーな占術用具の一つ、タロットカード。そこに描かれた絵の中には、様々な色が使用されています。「女教皇」のカードに、どんな印象を持つか?「太陽」のカードから、何を思い浮かべるのか?色という非常に分かりやすいシンボルを手がかりとしてカードを読むことによって、カードリーディングをより深く楽しむことができるはずです。本書では、カードの絵の中にある色彩に着目し、タロットのどこにどんな色が使われているのか、そしてその色はどのような文化的背景を持ち、どんな心理的特性があるのかを解説。色彩心理と文化史の観点からタロットに触れることができる、画期的な1冊です。
〈内容紹介〉・色彩とは・タロットと色彩の文化史・タロットカードに使われている色の意味 など

■商品仕様サイズ:W89×H126 [mm]

著者:Hymnka −ヒムカ−ページ数:本文48p(フルカラー)

■著者:Hymnka -ヒムカ- さんのプロフィール
 東京生まれ。幼い頃から不思議なことや謎が大好きだったが、高校生の時にタロットで未来を当てられて衝撃を受け、運命学に興味を持ち始める。
一方、宝石や美術の装飾芸術の世界に20年余関わる生活の中で、ロンドンにて美術史を学び、象徴学や神話の世界に親しむようになる。
 その流れから色彩の可能性に注目しパーソナルイメージコンサルタントの資格を取るが、同時に精神世界、心理学、カラーセラピーを学び、「似合う色」と「好きな色」の融合を図る独自のシステムを構築。
 人の内面の本質を研究する思想体系の中で、心に寄り添う占いというものに心を惹かれ、様々なジャンルの勉強を行う。
 2011年より占い師として活動を開始。「過去は変えられないが、未来は変えられる」をモットーとして、現在、原宿占い館 塔里木にて鑑定を行っている。色をパワーとして使うことを推奨するフォーチュンカラーカウンセラー。象徴を色濃く採用する古典占星術、占星魔術を研究している。アンティークショップオーナーの顔もある。


www.http://precious-harmony.com

Blog : https://ameblo.jp/hymnka

原宿占い館 塔里木 http://uranai-tarim.jp

商品説明

パッケージサイズ H155 × W110 × D20[mm]
カードサイズ H145 × W80[mm]
カード分類 セット
状態 新品
カード枚数 22枚